たくさんある宅建の通信講座、どれを選べば合格できますか⁉

宅建試験の勉強法

 どうやって勉強をすればよいのか、3つの方法が考えられます。

①通信講座、②通学講座、③独学の3つです。

 それぞれ学ぶ人の状況に応じて決めればよいと思います。

 といっても通信講座や通学講座はいろいろあって、どれを選択すればよいのか迷います。

 そこで、まずはいくつかの通信講座について見ていきたいと思います。

 通信講座について

  どの通信講座も基本はテキスト、問題集、模擬テストの3つです。

 これをDVDで解説するのか、オンラインで解説するのか、といった違いがあります。値段もまちまちです。

 どれもそれなりにシステム化されており、自分に合っていそうだという感覚で決めて、後は信じて取り組めばよいのではないかと思います。

フォーサイト

 講座としては(ア)基礎講座42,800円(イ)過去問講座42,800円(ウ)直前対策講座9,800円の3つです。

 それぞれ講義のDVDが付いていて解説を見ることができるようです。

 わからない部分が必ず出てきますので、その都度、参考にすると良いのではないでしょうか。

 クレアール

   講座としては

(ア)基本講座《テキスト3冊、過去問3冊、分野別問題4冊、模擬試験4冊》52,800円とオプションDVD10,000円

(イ)実力アップ演習講座《過去問3冊》21,600円とオプションDVD4,500円

(ウ)公開模試《問題・解説1冊》3,000円です。

 資格スクウェア

  パソコンやスマホを使ったオンラインで配信する学習サービスです。

 講座としては「宅建2020未来問合格パック」《インプット講座50時間、アウトプット講座40時間、直前対策講座10時間、未来問3回分》77,000円(税込)です。

 アガルート

  オンラインで受講する「2020入門総合カリキュラム」は32,780円(税込)です。これならお手頃料金です。

 内容としては《入門総合講義テキスト4冊、過去問集5冊、総まとめ講座テキスト1冊、模擬試験1冊》となっています。

スタディング

 「宅建士合格コース」は、PC・スマホタブレット端末によるオンラインでの受講スタイルです。

 基本講座はビデオ視聴、WEBテキスト、問題集(一問一答・テーマ別・頻出重要)からなり、18,500円(税別)です。WEBテキストは紙印刷の冊子も無料で送付されます。  

 ネットに馴染みのある人は、うまく活用できるのではないでしょうか。

ユーキャン

 メインテキストは「基礎テキスト」3冊と「過去問で鍛える!実戦テキスト」3冊です。

 このほかに副教材として「“みんぽう”って何?」「過去問題集」があります。

 添削課題が全7回(最後は模擬試験)あり、添削指導が行われます。

 デジタルテキストも使えるようです。

 月々3,980円×16回(税、送料込)です。

 基礎テキストは「驚くほど薄い」とありました。うまく要点をまとめられているのでしょう。

たのまな

 ヒューマンアカデミーの通信講座です。

 「宅建士試験対策講座」70,632円(税込、分割払いあり)教材は「合格しようぜ!宅建士」として基本テキスト、テーマ別セレクト問題集、過去15年問題集の3種類あります。

 特徴は

①「個別オンライン面談」「学習サポートメール」「即日質問回答」といったパーソナルサポートが受けられる 

②1単元10分のオンライン学習 

③スモールステップ学習、ということです。

L・A(エル・エー)

  通信講座に特化した資格スクールです。

 宅建速学合格コースは講義35回答練5回の計40回(70時間)行なわれ、費用は通信オンライン受講クラスの場合49,500円(税込)です。

 講座の教材は基本テキスト1冊、過去問1冊、答練5回分が付いています。これとは別に講義DVDを必要とする場合、印刷レジュメが追加され77,000円(税込)となっています。

宅建学院

 DVDによる講座を中心とした学習によります。

 いくつかのバリエーションがありますが、最も高額なのが「宅建超完璧講座」113,400円(税込)です。

 DVDと問題1,245問、通信添削指導10回、質問ホットライン利用が内容です。

 ただしテキスト「らくらく宅建塾」は別売で3,240円(税込)となります。本屋に行くとわりと見かけるものです。

 同じようなものでバージョンを下げたものとして「宅建完璧講座」101,520円(税込)「宅建準完璧講座」89,640円(税込)があります。

スタケン

 スターカレッジ宅建講座を略して「スタケン」です。

 「うかるぞ宅建士」シリーズの執筆者田中謙次氏によるWEB講座で19,800円(税別)となっています。

 内容は動画+PDFテキスト+オリジナル模試3回分+質問メール対応です。

 過去問についてはアプリ(別売370円)で対応しており、過去の問題2,000問が解き放題です。

 完全にスマホ・PC対応でいつでもどこでも学習できる環境です。

資格のキャリカレ

 「宅建らくらく90日合格指導講座」ネットで申し込むと1万円引きの37,000円(税別)です。教材セットの内容としては、テキスト+WEB動画+過去問題集(WEB上でも見られる)+スマホで質問+添削指導というものでした。

 教材発送日が4月1日から10月31日までの場合は、翌年の10月末までサポートがあるそうです。

Livoo! 

 動画の講義を実質無料で学べるオンライン学習サービスです。

 宅建士対策コースは受講料39,722円ですが合格すると半額の19,861円、就職すると0円になる仕組みです。

 コースの内容は動画講義+ダウンロードによるテキスト+動画の後で確認テスト+過去9年分の問題+直前模試となっています。

日本マンパワー

  宅地建物取引士試験合格コース、40,7000円(税込)割引ありで37,400円です。

 教材が送られてきて自己学習しながら、添削指導や質問受付がWEBで出来るということです。

 使用教材は、科目別テキスト4冊、添削問題5回、過去問などの問題集、模擬試験(自己採点)、質問票などがあります。

TOP宅建学院

  宅建の専門校で「ゼロから合格!宅地建物取引士通信講座」にはいろんな種類のコースがあります。

 「ゼロから合格!WEB動画コース」は定価110,000円(税込)、期間限定割引で60,500円(税込)です。

 教材はTOP式宅建攻略法1冊、オリジナルテキスト4冊、WEB動画24回、単元別テスト24回となっています。

 この他にDVD付きの「栄冠パーフェクトプレミアムWEB動画・DVDコース」もあり、定価248,000円、期間限定割引で180,000円です。

epla(イープラ)宅建

  宅建通信講座は4万円です。

 入門編DVD、基本テキスト2冊、過去問題集(過去8年)、アウトプット教材として確認テスト・科目別テスト・模擬問題集、採点・質問サービスがあります。

 9月下旬に全国的に行われる「ジ・オープン・モシ」に参加できます。

四谷学院通信講座

  宅建講座が82,800円(税込)であります。

 55段階システムといって、動画視聴(アニメ、10分)→テキスト4冊(イラスト、図解多い)→演習トレーニング(1,800問)で学びます。

 仕上げに添削課題3回、修了模擬試験、前年度過去問が付いています。

 別にハンディサイズ(B6版)の「どこでもチェックBOOK」3冊4,500円があります。